• 086 月

    時間のある時に記事を上げないとと 焦っている社長の片山です。

    今年も4月の初めから畑の手入れをして、GWに定植をしました。

    土壌が酸化しているので石灰を播いて中和させる作業を4月の初旬にして、

    GW前に元肥を入れて準備完了。

    社長の片山も齢半世紀を過ぎて鍬を振る力も衰え気味です。

    小さな家庭菜園ですが畝を立てる作業でクタクタになっています。

    GW前半に味噌作りをして、後半に苗を植えました。

    0844.JPG

    毎年の手入れが良いのか畑の土の色が栄養タップリに見えるのは私だけですか?

    例年と同じ様に十全茄子にフルーツトマト、インゲン豆や唐辛子、大葉などを植えました。

    実は6月に入って大葉やセニュールスティックなどは食卓に上がっています。

    茄子もいち成りを摘果して食べました。

    5月の最終日曜日に添え木を立てて、雑草を抜いて6月の収穫に備えています。

    0842.JPG   0843.JPG 

    次のアップには現在進行形で紹介したいと思います。

    実は6月に入ってからセニュールスティックにアメムシが付き出しました。

    防虫剤を噴霧して畑内での拡散を防いでいるところです。

    化学肥料を使わず、無農薬で育てる事は難しい事だと毎年思い知らされています。

    Posted by 管理者 @ 9:07 AM

コメントを送る

ご注意:コメントは管理者が認証後に表示されます。