• 075 月

    心を入れ替えてブログアップを重ねている 社長の片山です。

    今年も片山家恒例の味噌作りをしました。

    今年は事細かに解説しましょう。

    とは言っても嫁さんの指示に従っているだけなので不明な点が多いのですが。

    0826.JPG 

    前の晩から水に浸しておいて大豆に水を吸わせておきます。(水の分量は不明)

    片山家はこの大鍋で二鍋分を毎年作ります。

    0827.JPG 

    圧力鍋に浸した大豆と水を入れて加熱します。(分量と加熱時間は不明)

    一年目は圧力鍋が1つしかなくて普通の鍋で煮ましたが、時間が掛かりすぎて大変でした。

    普通の鍋で煮た大豆は硬いので潰すのもひと苦労でお勧めしません。

    因みに今年は友達から圧力鍋を2つ借りて3鍋で回しました。

    0828.JPG 

    鍋から大豆だけを取り出して、マッシュポテトを作るときの潰し器で力任せに大豆を潰します。

    煮汁は栄養価が高く甘いので、ペットボトルに入れて残しておいて料理に使います。

    丁寧に潰したつもりでも豆のまま残ったり、固形のままになったりしますので時間を掛けて丁寧に。

    熱い内に潰さないと硬くなります。また、水分が蒸発するのでカサカサになります。

    潰し終わった後で煮汁を適量足しておくと次の作業が楽になります。

    0829.JPG 

    米麹と塩を均等に混ぜておきます。(分量等の詳しい事は不明)

    不明の所はインターネットで調べてください。

    0830.JPG 

    潰した大豆と塩麹を均等になるようによく混ぜます。

    この時に水分が少ないと纏まりません。(多すぎてもいけません)

    0831.JPG 

    耳たぶより少し硬いくらいが良いように感じます。

    中の空気を抜くように交互に両手のひらに打ちつけながらソフトボールより一回り大きい味噌玉を作ります。

    ここまで来れば後は貯蔵用の容器に入れるだけです。

    片山家では機密性に優れたタッパーウェアーを使っています。

    0832.JPG 

    容器の中に味噌玉を力一杯投げ込んで空気が入らないように詰めてください。

    味噌玉を隙間に投げ込んで空気を抜く事が良い味噌を作る秘訣です。

    後はガーゼを35%の焼酎(梅酒用)で消毒して、表面に密着させて貼り付け。

    蓋をして冷暗所で半年以上寝かせれば出来上がりです。

    冬が待ち遠しい社長の片山の味噌作りでした。

    Posted by 管理者 @ 4:19 PM

コメントを送る

ご注意:コメントは管理者が認証後に表示されます。