• 217 月

    スーパークールビズで相当だらしない格好の 社長の片山です。

    スーパークールビズのスタイルは中国の産地を回っている時の格好に近いです。

    て言うか、そのもの様な気がします。ってことは中国ではだらしない格好をしていると言うことです。

    片山のニンニクファンに贈る、今年の片山のニンニクの産地情報です。

      0685.JPG

    山東省臨沂市蒼山県のニンニク畑は全く活気がありません。

    収穫が終わっても農家の人たちの顔色は曇ったままです。

    春先の旱魃で2割位の立ち枯れが出たので収量が落ちた人もいますが、大多数は増反したので大幅な増収に

    なっています。

    しかし去年は春先から来ていた地方のブローカーや投資家が一切姿を現しません。

    海外向けのブローカーも来ません。

    去年は元気の良かった農家のオヤジ達も無口になり、俯き加減です。

      0687.JPG  

    毎年 臨沂片山食品にニンニクを納めてくれるこのオヤジさんも社長の片山の顔を見て安堵の表情を

    浮かべていました。(相当不安な状況でしょう)

    実はこのオヤジさんは昨秋のNHKの取材の際もインタビューに答えていて(放映はされなかったけど)

    今年の価格が大幅に下がる事を一番心配していた人でした。

    品質の面でも、今年は春先が寒かった影響で玉の成長が悪く小粒が多くなりました。

    ニンニクの漬物は小粒を使うので片山食品にとっては良い事だらけです。

      0686.JPG  

    しかし、良い事ばかりではありません。

    生ニンニクの価格は大幅に下がりましたが、人件費が大幅に上がりました。

    ニンニクの玉を割って、皮を剥き、サイズを合わせる作業は全て人の手です。

    この人件費が倍増に近いアップです。

    漬込み期間は臨時雇いのアルバイトを大量に動員するのですが今年は日給を

    大幅にアップしても全く集まりません。

    高度成長が続く中国では全てのものが値上がりしています。

    ハッキリと片山食品の買入価格が決まったわけではありませんが、昨年よりは安くなりますが

    一昨年に戻るところまでは行きません。

    もう少し価格がハッキリしたら日本のニンニク製品の値下げ情報を出したいと思います。

    値下げはしますから、片山のニンニクファンの皆様ご心配なく。

    白いダイヤ から 真珠くらいにはなる予定です。

    Posted by 管理者 @ 4:17 PM

コメントを送る

ご注意:コメントは管理者が認証後に表示されます。