• 263 月

    漸く落ち着いてきた 社長の片山です。

    東日本大震災の発生から2週間が過ぎました。

    片山食品は徐々に平常に戻り出しております。

    仙台営業所の所員とご家族もやっと落ち着き、活動を始めました。

    関東の物不足も収まり、注文が一気に引いていきました。

    東北、北海道への物流も、徐々にではありますが機能しだしています。

    但し、別の問題が発生して頭を悩ませています。

    原発による農作物への放射能汚染の問題です。

    片山食品は地元の新潟県限定で浅漬けも製造販売しています。

    この原料の産地が当分の間は北関東になっています。

    産地を変える努力をしていますが、全量を他産地で確保するのは難しいので

    製造を中止する商品も出てくると思います。

    片山食品の浅漬けのファンの皆様どうかご容赦下さいます様お願いいたします。

    何せ、新潟の今の時期でもこんな気候なので冬野菜が終わると畑は休眠状態です。

      0619.JPG  

    今年は特に雪の日が多いです。

    去年は3月の初旬に夏タイヤに交換したのですが、今年はまだ冬タイヤを履いています。

    話を戻しますが、包装資材や調味資材も入荷が遅れてお客様への供給が遅れています。

    石油化学原料を使う包装資材は手の打ち様が無いのが現状です。

    原料も一気に減った感じで中国工場との調整が必要な状態です。

      0620.JPG  0621.JPG 

    元々ニンニクは少なめだったのですが、茄子や胡瓜も消化が早まりました。

    4月の初めには中国から次の荷物が入ってくるので安心ではありますが

    原料が少ないのは心細い感じです。

    原発の影響で言えば、片山食品のある新発田市にも福島県から多くの人が

    避難しています。

    三陸ではまだまだ行方不明の方が沢山います。

    そんな中、計画停電も実施されず、被害も無く、落ち着きを取り戻し、

    平時に近いところまで来た事を歓んでいます。

    このブログの内容は不謹慎なのかもしれないと思いながら書いていますが、

    片山食品の現状を片山食品ファンの皆様に報告いたします。

    被災地に早く安らぎが来ますように、救助活動されている方が日常業務に早く戻れますように

    原発事故が早く収束に向かいますように、そして避難されている方が地元に戻れますように。

    全ての皆様が明るく暮らせますように。

    Posted by 管理者 @ 3:06 PM

コメント

WP_Cloudy
  • 中村

    この度の災害につきましては、本当に言葉にならない状況でございます。

    しかし、御社の仙台営業所の皆様もご無事で何よりです。

    本社の方も、平時に近い状況とのことで、良かったですね。

    御社のますますのご発展をお祈りいたします。

    こちらでは遠く九州より、被害に遭われました全ての方々の一日も早い復興と心に安らぎが戻りますようお祈りしたいと思います。

    少しでも自分たちに出来ることを前向きに考えて行きたいと思っています。

コメントを送る

ご注意:コメントは管理者が認証後に表示されます。