• 249 月

    一気に気温が下がって体調不良の 社長の片山です。

    夏のののパジャマでタオルケットで寝ていたら、寒くてトイレに行くはクシャミが出るはで

    一気に体調不良です。でも、まだ板の間でせんべい布団一枚で寝ています。

    西日本工場から帰ってきて直ぐに中国へ「白いダイヤ」の輝きを確認に行ってきました。

    予定数量は確保しましたが、価格が高くてお手上げ状態です。

    品質的にも昨年より少し粒のバラつきが目立ちます。

    それ以外は問題はありません。

    今回は20年前から通っている天津の街を紹介したいと思います。

    天津の街はトヨタが開発区に進出してきてから大きく変わりました。

    中国第3の都市ですが暗くて汚くて垢抜けない田舎だった天津もこの5年で大きく変わりました。

     0532.JPG 

    改装された天津駅です。北京からの新幹線が開通するのに合わせて綺麗になりました。

    外見は綺麗ですが、中はやっぱり中国です。それも田舎です。

    川べりにあるので交通の便が非常に悪く、中心街に出るのに川を渡るのが大変です。

     0531.JPG 

    川の対岸はただいま開発中です。解放前はイギリス租界で金融街でした。

    横浜正銀も当然ありました。今でも当時の建物が使われています。

    その一角を再開発して「津湾広場」と言うエンターメント・コンプレックスを造っています。

    劇場を中心にレストランやエグゼクティブ・クラブの入るビルを8棟位建てています。

    一部開業していますが、ほとんど人がいません。

    こんなに花壇を整備しているのに見る人はいません。

    レストランもガラガラで全面開業になる時まで持ち堪えられるのか心配しています。

    ドンドン街が綺麗になる天津ですが、開発が急すぎてそこら中に同じ様な商業施設が

    出来ており、競争が激しすぎるのと住民が近代的な物に慣れていないので使い方が

    分かっていないように思います。

    その典型が巨大なこれだと思います。

     0533.JPG 

    私が見学に行ったときは乗客はゼロに近かったと思います。

    全ての観覧車を確認していませんが、ゼロに相当近いと思います。

    観光客が乗るのか? 地元住民が乗るのか?

    どちらにしてもリピーターが出るとは思えません。

    なんせ、毎日視界が霞んでいる天津で景色がどこまで綺麗に見えるのだろうか?

    Posted by 管理者 @ 5:39 PM

コメントを送る

ご注意:コメントは管理者が認証後に表示されます。