• 226 月

    越後はまだまだ入梅前で過ごし易い気候を楽しんでいる 社長の片山です。

    少し落ち着いて来ましたが、毎週出張が入って飛び回っています。

    今の時期が片山食品にとっては一番大事な時期です。

    中国で四葉胡瓜の漬込みの最盛期をむかえ、ニンニクは収穫が終わって乾燥の時期になりました。

    ニンニクの価格をめぐって農家と村のブローカーと他省からの買い付け業者、地元の加工業者

    が毎日神経戦を繰り返しています。

    今週の頭の市況は昨年より3割以上の高値になっています。

    茄子もそろそろ幹が成長してきて農家と加工業者の腹の探りあいが始っています。

    タイトルの安心・安全と環境保全ですが、片山食品の中国合弁工場の話です。

    0848.JPG 

    この構築物はなんでしょう?

    実は中国でも環境問題が煩くなって来て、特に山東省は農業が主要産物なので

    農民保護に凄く力を入れています。

    で、臨沂片山食品の工場からの排水を直接川に放流してはいけませんとの御達しがありました。

    今までは約2km先の大きな川まで専用の排水溝を作って排水していました。

    工場の周りは畑なので塩害のクレームがあったりしたので対策を打っていました。

    今年の4月に河東区の書記から排水処理施設を作れとの命令があって7月運転を目指して

    突貫工事をしています。

    0849.JPG 

    好気性の爆気層です。無茶苦茶デカイ設備で片山食品の約3倍の規模です。

    市民の権利保護や農民保護と中国の社会は大きく変化しています。

    政治的な部分はさて置いても、経済的な面は変化が激しすぎます。

    「毒ギョーザ事件」をキッカケにしたCIQの輸出用工場の安全管理も少しづつですが

    各工場に根付いてきています。

    今年は3年に1度の免許の更新の年に当たるので、工場の内部の改装工事をしています。

    選別・洗浄室の床が所々壊れて、水溜りが出来ていたので床を張り替えることにしました。

    その他にも各部屋の壁の塗装を塗り直したり、水道管を取り替えたりとクレームに繋がる

    因子を全て除去する作業を6月までにしています。

    平行して空いている部屋でニンニクの選別・洗浄を行っている関係で、

    出荷作業が遅れ気味で日本では原料の補給がタイトな状況です。

    0854.jpg 

    日本では当然の事でしたが、中国でも当然の事になって来ています。

    社会の安定を守る為に各地方政府は労働者の最低賃金を大幅に上げてきました。

    当然農民も不満を抱える事になり、農作物の供給が減り高値安定で農民の懐も膨らみました。

    労働者も農民も懐が膨らんだはずなのに物価の上昇は更にその上を行く為に

    労働者や農民の不満は解消されません。

    食の安心・安全、環境保全、労働者・農民の不満解消、これらのコストは全て需要者に向かうわけで

    中国から供給される全ての物が毎年値上されていくのは当たり前と考えなくてはいけません。

    円高と言う魔法が効いている内は良いのですが、円安に振れるとデフレの日本は資源から食料

    衣料に家電製品など全ての物で買いまける、アジアの敗者になる可能性があります。

    デフレ脱却を切にお願いします。

    コメントはありません
  • 126 月

    今日も会社でブログを書いている 社長の片山です。

    実は5月の中旬に中国の産地を回って来ました。

    今年もニンニクは高騰しそうです、茄子も胡瓜も二桁アップは間違いありません。

    原料産地の中国が不安定な状況の中、今アジアで一番熱い国はミャンマーだと思います。

    去年の10月まではラオスに最大の興味があったのですが、今はミャンマーです。

    去年11月以降のミャンマー情勢は漬物原料産地に大きなインパクトを与えました。

    そんな訳で一週間に2回もミャンマーの講演を聞いてしまいました。

    この状況の根本原因は中国の農業問題の厳しさです。

    元高を押さえる為に人民元を大量に発行し米ドルを市場から回収します。

    当然必要以上の人民元が市場に供給されインフレを起こします。

    この資金が投機資金として商品の現物の囲い込みに使われます。

    当然、商品価格は高騰しインフレを起こし、市民の反感を買います。

    市民の反感を抑えるために政府は賃金の上昇を図ります。

    そうすると農民は都市住民との格差を訴え政府に反発します。

    政府は農民の意向に合わせて農作物を高値に誘導します。

    80後が労働市場の主力になりつつある現在は賃金に対しての意識が高く

    情報も氾濫しているので、労働力の売り手市場です。

    ニンニクが白いダイヤになる理由はもっと色々有るのですが

    今日は時間が無いので、ほんの触りだけ。

     0846.JPG 

    片山のニンニクになる丸形の小粒ニンニクです。

    5月の下旬の収穫を前にした畑の視察の様子です。

    08451.JPG 

    今日位から本格的な収穫が始り、3週間くらい乾燥させて市場に出回ります。

    現在の早物(乾燥していない)の価格は昨年比で5割位高騰しています。

    これから下がる事を願います。

    コメントはありません
  • 086 月

    時間のある時に記事を上げないとと 焦っている社長の片山です。

    今年も4月の初めから畑の手入れをして、GWに定植をしました。

    土壌が酸化しているので石灰を播いて中和させる作業を4月の初旬にして、

    GW前に元肥を入れて準備完了。

    社長の片山も齢半世紀を過ぎて鍬を振る力も衰え気味です。

    小さな家庭菜園ですが畝を立てる作業でクタクタになっています。

    GW前半に味噌作りをして、後半に苗を植えました。

    0844.JPG

    毎年の手入れが良いのか畑の土の色が栄養タップリに見えるのは私だけですか?

    例年と同じ様に十全茄子にフルーツトマト、インゲン豆や唐辛子、大葉などを植えました。

    実は6月に入って大葉やセニュールスティックなどは食卓に上がっています。

    茄子もいち成りを摘果して食べました。

    5月の最終日曜日に添え木を立てて、雑草を抜いて6月の収穫に備えています。

    0842.JPG   0843.JPG 

    次のアップには現在進行形で紹介したいと思います。

    実は6月に入ってからセニュールスティックにアメムシが付き出しました。

    防虫剤を噴霧して畑内での拡散を防いでいるところです。

    化学肥料を使わず、無農薬で育てる事は難しい事だと毎年思い知らされています。

    コメントはありません
  • 076 月

    丁度一ヶ月ぶりの 社長の片山です。

    例年5月は総会月なので忙しいのですが、中国出張が4月から5月にズレ込んだ関係で

    貧乏暇無しで飛び回っていました。

    業界団体の総会が3件、御取引き様の会があったり、長野県の組合の周年パーティーに

    招待されたりでよく走り回りました。

     0853.JPG

    業界団体の会には必ず現れる「偉大なるイエスマン」にも会いました。

    1月の賀詞交換会は呉越同舟で民主党の農水副大臣が顔を出しましたが、今回は中国の外交官の

    スパイ問題もあったのか政務三役の出席は無しでした。 

    そんな多忙の中で1日人間ドックに入ったりもしましたが、結果は運動不足でメタボでした。

    中国では丁度収穫前のニンニク畑を回って長年お世話になっている農家の皆さんと情報交換を

    したり、昨年大幅に価格を上げた胡瓜の畑を視察したりと駆け回りました。

    0845.JPG

    片山食品の中国事業を約30年間コーディネートしてくれていた中国顧問が退任したりで

    ちょっと感情的になる出張でしたが、中国の変貌を振り返る良い時間でもありました。

    6月も予定が詰まっているのでブログアップは厳しい状況が続きますが、片山のニンニクファンの皆様に

    ブログを通じて情報提供をしていきたいと思います。

    コメントはありません