• 272 月

    ニンニクの日が近づいて来て少し活気付いている 社長の片山です。

    インフルエンザが全国的に猛威を振るっていますが、片山のニンニクのファンの

    皆様は、元気にバリバリ活動されていると思います。

    当然片山食品の社員にはインフルエンザの人も居ず、風邪での休みもありません。

    2月29日はいつもより多めにニンニクを食べて4年間のパワーを蓄えてください。

    とは言っても、毎日片山のニンニクを食べるのが一番の健康法だと社長の片山は確信しています。

    ニンニクは社長の片山の活力源ですが、この光景を見て気力が充実しました。

    綺麗なものを見ると心が洗われて、物事をポジティブに捉えられるように思います。

    ルアンパバーンを流れるメコン川をクルーズした時に出会った光景です。

    メコン川はベトナムでもカンボジアでも中国の雲南省・シーサンパンナでも見て来ました。

    でも、こんなに感激して見たのは初めてです。

    この光景を見た時に2012年は良い年になるだろう、社長の片山の50歳は実り多い物に

    なるだろうと感じました。

    0791.JPG

    タイが大洪水に見舞われている時に、その遥か上流でメコン川の上から眺めた夕日です。

    片山食品は日本海に沈む夕日を毎日眺める事が出来ますが、この夕日は最高でした。

    東日本大震災やタイの洪水など自然災害に翻弄された年に自然がくれた最高のプレゼンとでした。

    人間の力の及ばないものをもっと崇め、大切にしなければならないと自省しています。

    コメントはありません
  • 252 月

    少しずつ記事をアップすることでモチベーションを維持している 社長の片山です。

    やっぱり一ヶ月とか間が開くと気合が入りません。

    10日に1回は記事を上げないとそのままブログが終わりそうになります。

    社長として、実名を使ってブログを書いている以上中途半端は許されません。

    ダラシない社長の会社はダラシない会社と思われてしまいます。

    出張後の一発目のアップをしっかりやれば何とかなりそうな気がしますので

    3月からは記事のアップの頻度を上げたいと思います。

    0783.JPG

    ラオスの首都ビエンチャンにある凱旋門です。

    階段があって上まで登ることが出来ます。

    高層建築の無いビエンチャンでは、登ると街が一望できます。

    ガイドさんの説明を受けたのですが内容は忘れてしまいました。

    凱旋門の道を挟んだ隣に農水省があって表敬訪問をして

    ラオスの農業事情の説明を受けたり、投資についての質疑応答をしました。

    政府のお役人と会うのは結構気を使いますが、副局長が東京農大に留学

    した経験のある方で大根踊りの話で盛り上がりました。

    この後、無農薬有機栽培で野菜を作っている村を訪ねたり、塩田を視察したりで

    結構ハードな研修をしましたがまだまだ我々が産地を開発する事が出来る

    レベルまでインフラやシステムが出来ていませんでした。

    何年か待つと可能性はあると思いますが、現状ではリスクが大きいように思います。

    移動の飛行機の時間調整でビエンチャン市内のお寺を見学したのですが、内容は覚えていません。

    と言うよりも前日の夜、メコン川の川縁のバーで深酒をしてしまい二日酔い状態でした。

    0784.JPG

    日本語のガイドブックに載っているカクテルバーでイサーン系のお姉ちゃんがいる所が

    夕食のレストランの隣だったので、ちょっと覗いたんですが・・・・!

    日本語も英語も全く通じず、片言のタイ語でオーダーしたりして逆に盛り上がりました。

    タイの東北部とラオスは侵略しあった歴史で言語が凄く似ています。

    容姿も似ているのでタイにいる感覚ですが、一応は社会主義国なので注意が必要です。

    ラオスのお金がなくても支払いもタイバーツで大丈夫でした。

    ベトナムではドンを使わずにドルで通しましたが、ラオスではバーツで通しました。

    0785.JPG

    これからの国には違いありませんが、30年前の中国よりも遅れているような気がします。

    ただ、気候が良いのと人間が明るく、穏やかなのが魅力です。

    コメントはありません
  • 232 月

    やっと年末年始、新年の行事が終わって落ち着きだした 社長の片山です。

    1月から6週連続で出張に出かけていました。

    雪の中を欠航を心配しながら西日本工場に飛んだり、除雪車と競走しながら

    山形に行ったりと結構ハードでしたが、多くが予定通りに消化しました。

    今年は12月下旬から毎週の様に降雪があり構内から雪が消える事がありません。

    ドカ雪は無いのですが、消える前に積もるので除雪が大変です。

    特に道路は雪で狭くなり出退勤時の混雑で通常より早く家を出ないと始業に

    間に合わなくなり、工場の稼動に支障が出そうになります。

    そんな雪もやっと峠を越えた感じです。

    話は変わりますが、去年のラオスの話がまだ残っているので書いていこうと思います。

    前に仁川空港での食事はバーガーキングが多いと書きましたが、基本的にバーガーキングファンです。

    パテが肉々しくてボリュームがあり、レタスがシャキシャキしていてバンズの歯ざわりも好きです。

    なんと言ってもお腹が一杯になるのが良いですね。

    0778.JPG 

    ラオスへの行き帰りのトランジットがバンコクのスワンナプーム空港でした。

    行きは夕方にスワンナプームについて空港内での食事になりまして、当然のように

    レストランを探して広いロビーを彷徨いました。

    お洒落な寿司バーが有ったりするのですが適当なレストランは無く、ファストフードが多くあります。

    そんな中、一番奥のほうに大好きなこの看板を見つけて入店です。

    3年前に両替したバーツが2,000b位持っていたので難なくワッパーセットをゲットしました。

    0777.JPG 

    お腹が減っていたので一口食べてから気が付いて写真を撮ったので・・・・!

    食べさしで申し訳ありません。

    そう言えばバーガーキングのポテトはケチャップかバーベキューソースを付けて食べる人が

    多いのは何故ですか?

    韓国でもタイでも欧米系の人たちは必ず付けている様に感じます。

    只でもボリュミーでお腹が一杯になるのに、ケチャップとかを付けると相当キツイです。

    マックが日本で成功して、バーガーキングがパッとしない理由はこのあたりのような気がします。

    些細な事ですがマックのピクルスは機械で輪切りにしていますが、バーガーキングのピクルスは

    ジグザグに切られています。

    ある工場を訪ねた時にこの加工をしていたので質問したのですが、機械で切れないのでギザギザの

    包丁で切って端をトリミングしているそうです。

    理由はバーガーキング側からの要請でマックとの差別化だそうです。

    手が掛かっているピクルスに感謝しながら完食しました。

    0780.JPG 

    で、止めりゃ良いのにもう一個!

    これは帰りに食べたベーコンチーズバーガーです。

    朝8時の飛行機なのでホテルで朝食が取れず、空港内のバーガーキングでボリューム

    タップリの朝食を食べました。

    4時半に起きて、5時にホテルを出てタクシーを拾って空港へ。

    本当に好きなんです、バーガーキング。

    でも新潟には無いので次の中国出張までお預けです。

    東京でも食べれるのですが、他に食べたいものが多くてバーガーキングにはノータッチです。

    ラオスの話をしようと思ったのにバンコクの空港の中から抜け出せませんでした。

    0779.JPG

    コメントはありません