• 299 月

    忙しかった9月もやっと一山越して、ホッとしている 社長の片山です。

    9月は忙しかったですね!

    年度始めなので会議があったり、本社と西日本工場の決起パーティーがあったり。

    今年も原料が厳しい状況なので中国出張を早めたり、帰国すると2週に渡り連休があったり。

    お葬式もありました。

    今週になってやっと落ち着いてきた感じです。

    今日のブログのタイトルを読める人は新潟の夜の世界の粋人だと思います。

    「行形亭」と書いて「いきなりや」と読みます。

    0741.JPG

    江戸時代中期から300年以上の歴史のある日本料理屋さんです。

    北前船の寄港地新潟の夜を支えた由緒ある料理屋さんです。

    吉田茂の書があったり、田中角栄の逸話があったりの新潟の最高級料亭です。

    社長の片山が何でこんなに凄い料亭の話をするかと言うと、お呼ばれして来ました。

    新潟県漬物工業協同組合の青年部の創立35周年の式典とパーティーが「行形亭」さん

    で開催されたんです。

    「行形亭」さんにお邪魔するのは2年ぶりくらいだと思います。

    新発田工業倶楽部の解散総会以来かな?

    その昔は味の素の故江頭会長が新潟に来られる時にご招待頂いて寄せて貰っていました。

     0727.JPG  0729.JPG 0726.JPG  

    こんな感じで芸妓さんの踊りを楽しんだり座敷の雰囲気を楽しんだりと最高に贅沢な気持ちになります。

    踊っている芸妓さんたちは柳都開発と言う会社の社員さんです。

    新潟の花街、古町の芸妓さんのなり手がいなくなって、大問題になりました。

    その時に置屋システムではなく会社にして勤め人の芸妓のシステムが始りました。

    柳都開発は新潟市の財界の方が株主となって設立したそうです。

    それでもなり手は少ないようです。

    コンパニオン全盛の時代だからしょうがないと思いますが。

    そんな事より式典やパーティーは大盛り上がりで楽しい思い出になりました。

    大先輩から現役まで年の差は30歳以上あったと思います。

    各年代の会長・部会長が懐かしい話を披露してくれたりして楽しかったです。

    0728.JPG 

    青年部会は組合活動のエンジン役で色々と仕事をしてくれます。

    社長の片山も一昔前は青年部会の主力で頑張っていた時代もありました。

    酒の飲み方から古町の楽しみ方まで全て青年部会で習ったように思います。

    現役の部会員にもエールを贈り組合活動を盛り上げてもらいたいと思います。

    コメントはありません
  • 039 月

    台風に煽られている 社長の片山です。

    台風の風に煽られて風力発電も大活躍です。

    でも、風が強すぎて危険な為ストップがかかりそうです。

       0722.JPG

    実は先月上旬に太陽光発電のパネルの設置を終えていましたが、直流を交流に変換する装置の

    納品が遅れて発電できませんでした。

    その後もトラブルは続き、発電所の申請を出し直すのに手間取り、やっと発電できたのは

    9月1日になってしまいました。

    今までも風力発電所を工場敷地内に所有していましたが、一旦取り消して再度風力と太陽光の

    発電所として申請しなければいけないのだそうです。

    折角のカンカン照りの発電日和を何日も無駄にしてしまいました。

    東北電力も日本国政府も電力不足を本気で考えているのでしょうか?

    手続きの不備でストップするより、走りながら直した方が良いのは当たり前だし、

    不正や問題が発生するような事案でも無いし。

    そんな事を間近で体験すると、エネルギー行政は電力会社の思いのままなのだろうな~と実感する。

    原発は必要だと強く思っていたけれど、実態があまりにも不透明で原発の為に

    全ての真実が歪められている様な気がしてきた。

    少し本筋を離れたので元に戻します。

      0721.JPG  0720.JPG  

    1時間当たり最大で50kwを発電する設備を導入しました。

    片山食品は「健康に美味しく、環境にやさしい」会社を目指しているので、今回の震災をキッカケに

    オールシーズン自然エネルギーに取組む事にしました。

    3年前に夏場の最大ディマンドが840kwに達し動力費のウェートが一気に上がったのをきっかけに

    節電を始め、夏場の電力削減に取組んで来たところの大震災でした。

    冬場は海からの北風で調子の良い日は使用電力の約半分を風力発電で賄いますが、夏場は

    全く風が吹かないので風車は無用の長物です。

    太陽光発電には興味があったのですが、日本海側の雪国では実績が殆ど無いので諦めていました。

    昨年から新潟県が取組み始め、民間でも無菌米飯の佐藤食品さんが始められたので意識をしていました。

    そんな矢先の大震災による15%の節電が背中を押してくれました。

    昨今開発された雪国タイプのソーラーパネルを屋根に2列に敷き詰めました。

    今日は台風の影響で朝から強風が吹いている事もあって、瞬間値では風力と太陽光を合わせて

    600kw以上を発電しています。1日の累計では3,000kw位は発電できるのではと期待しています。

     0724.JPG

    このパネルの状況は昨日の午前中です。

    コメントはありません
  • 019 月

    今日から新年度で気合が入り捲くりの 社長の片山です。

    片山食品のニンニク漬のファンの皆様、一年間のご愛顧ありがとうございました。

    投機目的のニンニク原料の高騰から一年、やっと狂想曲が終盤に差し掛かりました。

    10年産の高値の原料は11月分くらいまで在庫されていますが、スーパーの売場が

    秋冬バージョンに切り替えになる今月から値下げをしました。

    社長の片山は片山食品に入社して約25年になりますが初めて製品値下げをしました。

    この25年で全製品の値上げが2回と一部製品の値上げが4回くらいだったと記憶していますが

    値下げは初めてです。

    原料価格の下がる分を先取りする形で今日9月1日から値下げになります。

    片山のニンニク漬のファンの皆様、一年間大変ご迷惑をお掛けいたしました。

    価格も下がりました、一杯食べて残暑負けしないように、元気一杯秋を楽しんで下さい。

     05561.JPG  05571.JPG  05581.JPG  05591.JPG  

    こちらのシリーズは変更無しです。

     05142.JPG  05132.JPG  

    秋の行楽のお供に片山のニンニク漬を色々と活用してください。

    バーベキューのお供にサラダのアクセントに何にでも合わせることが可能です。

    今年はタップリ原料ニンニクを用意しましたのでご安心下さい。

     

    コメントはありません