• 263 月

    漸く落ち着いてきた 社長の片山です。

    東日本大震災の発生から2週間が過ぎました。

    片山食品は徐々に平常に戻り出しております。

    仙台営業所の所員とご家族もやっと落ち着き、活動を始めました。

    関東の物不足も収まり、注文が一気に引いていきました。

    東北、北海道への物流も、徐々にではありますが機能しだしています。

    但し、別の問題が発生して頭を悩ませています。

    原発による農作物への放射能汚染の問題です。

    片山食品は地元の新潟県限定で浅漬けも製造販売しています。

    この原料の産地が当分の間は北関東になっています。

    産地を変える努力をしていますが、全量を他産地で確保するのは難しいので

    製造を中止する商品も出てくると思います。

    片山食品の浅漬けのファンの皆様どうかご容赦下さいます様お願いいたします。

    何せ、新潟の今の時期でもこんな気候なので冬野菜が終わると畑は休眠状態です。

      0619.JPG  

    今年は特に雪の日が多いです。

    去年は3月の初旬に夏タイヤに交換したのですが、今年はまだ冬タイヤを履いています。

    話を戻しますが、包装資材や調味資材も入荷が遅れてお客様への供給が遅れています。

    石油化学原料を使う包装資材は手の打ち様が無いのが現状です。

    原料も一気に減った感じで中国工場との調整が必要な状態です。

      0620.JPG  0621.JPG 

    元々ニンニクは少なめだったのですが、茄子や胡瓜も消化が早まりました。

    4月の初めには中国から次の荷物が入ってくるので安心ではありますが

    原料が少ないのは心細い感じです。

    原発の影響で言えば、片山食品のある新発田市にも福島県から多くの人が

    避難しています。

    三陸ではまだまだ行方不明の方が沢山います。

    そんな中、計画停電も実施されず、被害も無く、落ち着きを取り戻し、

    平時に近いところまで来た事を歓んでいます。

    このブログの内容は不謹慎なのかもしれないと思いながら書いていますが、

    片山食品の現状を片山食品ファンの皆様に報告いたします。

    被災地に早く安らぎが来ますように、救助活動されている方が日常業務に早く戻れますように

    原発事故が早く収束に向かいますように、そして避難されている方が地元に戻れますように。

    全ての皆様が明るく暮らせますように。

    1 Comment
  • 143 月

    東北地方太平洋沖地震に被災された皆様にお見舞い申し上げます。

    11日3時以降の報道に接し、心が締め付けられる様に苦しくなりました。

    発生直後はテレビで情報を見ていたのですが、丁度3時に予約していた整形外科に向かい

    診察を受けて出て来た時のテレビ画面は全く違ったものとなっていました。

    すぐに会社に連絡をするのですが全く繋がりません、夕方になって漸く携帯メールで

    連絡がつきまして、社員は全員無事である事と設備の故障が無いことを確認しました。

    但し、仙台営業所に赴任している2名の営業員とご家族と連絡が取れていない事。

    片山食品の契約している外部のインターネットサーバーが故障してお得意先様からの

    オンライン受注ができない状況が分かりました。

      01181.JPG  01172.JPG  

    仙台営業所の入っている建物と室内の様子です。

    12日の昼過ぎになって何とか二人に連絡を付けることが出来ました。 

    営業所も二人のアパートも室内は滅茶苦茶になったようですが、家族全員が怪我も無く

    無事にしていると連絡が取れました。

    その後も被災地のお得意先様や資材の納入をお願いしているお取引先様などに連絡を

    するのですがなかなか繋がらずに心配ばかりが募っています。

    東北だけでなく関東も含めて物流はズタズタで納品ができずに荷物が戻ってきたり、

    東北や北海道、北関東向けの混載便は一切受け付けてもらえず、チャーター便もこの方面は

    無理の返事しか返って来ませんでした。

    13・14の両日で色々な方面と連絡が付き出し、少しずつですが落ち着いてきています。

    営業員の2家族も仙台を脱出する方向で新潟方面に向かっていますし、ショートしかかった資材

    の手当ても少しずつですが付いて来ました。

    しかし、被災地ではまだまだ救援を待っている方々が沢山いらっしゃいます。

    早く救援の手が届きますよう、心からお祈りいたします。

    コメントはありません
  • 083 月

    長々と更新をサボってしまった 社長の片山です。

    ブログ読者の皆様、片山のニンニクファンの皆様、大変申し訳ありませんでした。

    ブログに記事をアップしようといつも気にはしていたのですが

    ギブスをした足では工場内を動く事もできず、出張に出る事も無く

    なかなか面白い記事を探す事ができず、アップできませんでした。

    > 中村様 ご心配頂き、申し訳ありませんでした。

    3月4日にギブスを外す事ができました。

    怪我から6週間で予定通りの回復でした。

       0615.JPG  0616.JPG  

    怪我をした左足は今でも鬱血して剥くんだ状態ですが、確実に回復しています。

    松葉杖を突きながら毎日元気に会社に通っています。

    先週も新製品のプレゼンと試食会を開いたり、ニンニク製品の他社比較の

    試食をしたりと新しい味を探求しています。

        06181.JPG

    お弁当を作って、実際に新製品を使ったおかずを詰めて提案されました。

    新しい趣向でおにぎりの具やドレッシング系の調味用途の漬物などを

    検討しました。

    この中から今年の秋冬の新製品になる商品が出ればと期待しています。

    1月20日に私が怪我をしてから、片山食品では工場内での事故が何件か発生し

    労災も起きてしまいました。(恥ずかしい話ですが)

    昨年は営業員の交通事故が多かったのですが、今年は工場内で事故が発生した為

    全社員に注意喚起をしています。

    毎日行っている作業なのですが、ポカが出て事故に繋がったりしています。

    で、今日はみんなに強く意識してもらう為にこんな事をしてみました。

    何と言っても、この連鎖の張本人は社長の片山です。

    社長の片山の怪我から全てが始ったので、ここで連鎖を断ち切りたい気持ちの表れです。

      0617.JPG  

    毎年正月に「商売繁盛と家内安全」を祈願して頂いている新発田総鎮守の諏訪神社の

    畠山宮司に工場に来ていただいて、安全祈願をして頂きました。

    事故は気の緩みも大きな原因のひとつです。

    全社員の意識を引き締める為にも良かったと思っています。

    私は全社員の事故防止と怪我の早期回復、業績の向上とニンニク相場の下落を

    お祈りしました。

    中国の春節前後もニンニクの価格は高止まったままでビクともしません。

    今年もニンニクは高くなりそうな雲行きです。

    3 Comments