• 3012 月

    工場は365日休み無しの片山食品ですが、31日から休みを頂く 社長の片山です。

    2008年も押し迫りました、1月の餃子事件から始まり色々とあった一年でした。

    片山食品のファンである多くのお客様に支えられて無事今年も歳を越せそうです。

    10月から始めたこのブログもどれ位の方に見ていただいているか不明ですが

    「片山食品のことを少しでも消費者の皆さんに知って頂けたのでは」と思っています。

    0103.jpg

    工場の玄関は新年を迎える準備もバッチリです。

    この書は、創業者が毎年書いてくれます。片山食品にとっては恒例の玄関の書です。

    0104.jpg

    門松も据え付けて、正月が来るぞー って感じです。

    もう一箇所片山食品のお正月風景です。

    0105.jpg

    全国の片山食品の製品をお買い上げ頂いたお客様、ありがとうございました。

    2009年も精一杯、最高に美味しくて価値のある製品をお届けします。

    ご期待ください。

    ありがとうございました。

    コメントはありません
  • 2512 月

    クリスマスは如何お過ごしですか? 例年より受注が少なく余裕のある 社長の片山です。

    23日の天皇誕生日は日配品製造業にとっては大変な日です。

    北海道、沖縄と離島以外は翌日到着を基本に、製造出荷を行っていますが、この時期は

    お歳暮などもあり配送トラックが滅茶苦茶混みます。

    そんな時に休みが重なったり続いたりすると物流はパニックになります。そんでもって片山食品は

    雪国新潟に在ります。天気が荒れたりすると荷物が届きません。

    今年はリーマンショック、経済不振の影響で荷動きが例年より少ないようです。天気も何とか安定していたので

    大きな混乱も無く山を越すことが出来ました。売上的には厳しいけれど!

    後は、年末年始の混乱を乗り切れれば。

    話が飛んでしまいました。

    全国翌日到着をするために片山食品は13年前から西日本に工場を設けました。初めは福岡県で行っていましたが

    2006年に山口市に新築移転しました。

    0099.JPG

    岡山県以西を山口の西日本工場でカバーしています。

    新潟からでは翌日到着は全く無理ですが、山口があることによって鹿児島県や高知県まで

    作りたての製品をお届けすることが出来ます。

    0097.JPG

    12日は西日本工場の忘年会でご招待を受けて、喜んで山口に向かったのですが

    宮崎空港でトラブルに巻き込まれて参加できませんでした。

    でも、翌日は工場内を視察してスタッフの皆さんの元気な顔を見ることが出来ました。

    2つの工場が同じレベルの保つことは労働集約的な産業では難しいことです。

    西日本工場の皆さんが新潟の本社を追い越し更に良い製品を西日本の消費者の皆さんに

    届けてくれる努力をしています。

    片山食品の岡山以西にお住みのファンの皆様に西日本工場をもっとかわいがって頂きたいと

    思います。よろしくお願いします。

    コメントはありません
  • 2012 月

    またまた ブログの更新をサボってしまった 社長の片山です。

    鹿児島で割干しの原料をお願いしている工場に新物の数量と価格の確認に

    行って来ました。前に書いた宮崎空港でトラブルにあった時です。

    0102.jpg

    この製品に使っている原料は大根も人参も昆布も全て国産です。

    多くの原料を海外に依存している片山食品ですが、乾燥大根と野沢菜は国産を手配しています。

    葉物野菜は国内の産地がしっかりしていることや産地移動しながら1年を通して栽培できるなど

    国内で十分数量を確保できます。

    大根は漬物原料で国内に残る最後の砦です。

    そんな訳で工場を視察してきました。

    0091.JPG

    この工場は機械化されていて、非常に生産性が高いです。

    大根を規格どおりの大きさにカットすることから始まりほとんどを機械がこなします。

    ピーク時には3万本の大根を処理するそうです。

    0092.JPG

    こんな感じで鉄の籠に入れられた大根が山のように積み上げられていました。

    日本人は大根を一人で年間に何本くらい食べるのだろう? と、考えていました。

    私は大根が好きなので他の人よりは消費量が多いと思います。

    1年に1回の鹿児島訪問ですが、毎回大根農家の方に頭が下がります。

    今年も美味しい大根を作ってくださってありがとうございました。

    コメントはありません
  • 1712 月

    青空が続いて12月とは思えない暖かさの新潟です。でも、元気の無い 社長の片山です。

    昨日は年末のギフトセットの白菜を漬けました。

    通常は500kgの桶を使って漬けるのですが今回は量が多かったので、タンクを使いました。

    0100.jpg

    昔ながらの天然塩だけで、3倍の重石を乗せて時間を掛けて漬けます。

    2回の天地返しをして、白菜の甘味や旨味を引き出します。

    通常のスーパーで売っている白菜漬けは1夜漬けの名のとおり一晩で漬ける

    サラダですが、本漬けの白菜は1週間掛けて旨味を引き出します。

    大量に漬けても、漬けムラが出ないように綺麗に並べて葉の部分と茎の部分が

    同じになるように工夫して漬けます。

    0101.jpg

    明日は500kgのタンクに天地を返して、来週にはご注文頂いたお客様にお届けする予定です。

    干し沢庵と本漬け白菜は漬物の基本なので、毎年大事に作って生きたいと思います。

    商売としてスーパーに卸して販売することは無理な漬物ですが、片山食品のファンの方に

    喜んで頂く為に盆前と年末にギフトセットを用意しています。

    手造りの素朴な本物の漬物をお楽しみください。

    コメントはありません
  • 1612 月

    先週、宮崎空港の3Fのレストランで飲んだくれていた 社長の片山です。

    実は先週、原料の話で鹿児島県に行ってきました。

    とはいっても東国原知事の出身地の都城からちょっと鹿児島県に入った所です。

    なので、宮崎空港を使いました。

    この時期の宮崎の風物詩はこれです。↓

    0093.JPG

    大根のハザ掛です。大きな太い大根が、ホッソリしんなりするまで、寒風で干しあげます。

    新潟で干すのと環境が違いすぎます。雨や雪の心配をしないですむし、空気も乾燥しているし

    最高の環境です。

    でも、まだ始まったばかりで来年の1月の末くらいまで続くようです。(私は良く知りません、調べてください)

    0094.JPG

    スペースの2割位しか干されていなかったので、それくらいかな~と思いました。

    で、帰りの宮崎空港で乗るはずの飛行機が来ません。お土産を買って、さあ帰るぞっと待合室で座っていると、

    アナウンスと同時に表示板が回転し、なんと3時間45分先の案内に変わりました。

    今日の忘年会はどうしよう?一応私が主賓のはずですが。 明日の仕事は大丈夫かな?

    色々考えてもしょうがないので、一旦待合室から脱出して売店やレストランのフロアーへ。

    0095.JPG

    なんか視線を感じる。飛行機に乗れない私を慰めるような視線を感じる。

    あれ、どこかで見たことのある人が私を見ている。

    誰だ!

    0096.JPG

    県知事に慰められて、3Fのレストランで芋焼酎のお湯割でさびしく忘年会をしました。

    で、ちょうど4時間遅れで飛行機に乗って福岡へ、そこから地下鉄に乗って博多駅。

    博多駅からの新山口駅に止まる最終の新幹線に乗って、ホテルに入ったのは11時でした。

    西日本工場の忘年会をキャンセルして、さみしくホテルでカップ麺の夕食を啜って寝ました。

    1月の新年会は無事に参加したいと願っています。

    コメントはありません
  • 1512 月

    長らくのご無沙汰でした、社長の片山です。

    師走ですね、何も無いけど忙しいです。

    何とか会社の皆さんに賞与を出すことが出来ました。ホッとしています。

    実は、先週は忘年会週間で4ヶ所の会合を抱えていました。

    0085.JPG

    初めてこんなところに行って来ました。

    本物の土俵ですよ、昔の相撲部屋を改装したちゃんこ屋さんです。

    昭和の大横綱 吉葉山が宮城野親方として部屋を経営していた時の宮城野部屋です。

    0087.JPG

    美味しそうなちゃんこ鍋でしょ。上品な鳥だしで薄口の塩ちゃんこだと思います。

    鍋の下の方に牛蒡が沢山入っていて、ビミョ~に味を左右しています。

    最後は、固めのおうどんで〆ました。

    こちらでは本物の相撲甚句を聴くことが出来ます。

    相撲教習所で甚句を教えていた先生が自慢ののどを披露してくれます。

    0088.JPG

    新潟の田舎者なので、こういう伝統文化に興味があり珍しい体験が出来て、

    大興奮の最高の忘年会でした。

     0086.JPG

    実は、宴会が始まる前にちゃっかり土俵に上がって、記念撮影をしちゃいました。

    結構ミーハーな社長の片山でした。

    コメントはありません
  • 0112 月

    まだまだ干し大根と格闘中の 社長の片山です。

    今日は1,200本以上漬けました。これで年末のギフト用の沢庵は全部漬け終わりました。

    後は漬け上がるのを待つだけです。本漬け白菜も土曜日に天地返しをして、明日まで熟成させて

    出荷になります。

    0084.JPG

    干しあげた大根を一本一本確認して、葉っぱを切り落としタンクに投入します。

    隙間無く、均等に力が加わるように並べて行き、一段ごとに塩糠を均等に振って

    次の段に進みます。

    0081.JPG

    そんなこんなでみんなが難儀をしてくれて、漬け込みが終わりました。

    今年は雨が多かったり、雪が降ったり、気温が高めだったりで干し大根には

    厳しい面がありましたが、みんなの気持ちが美味しいものを作りたいでまとまって

    いたので、最高の沢庵が出来ています。

    お買い上げ頂いた皆さん、もう少しお待ちください。

    コメントはありません
  • 0112 月

    忘年会の季節で二日酔い対策を考えている 社長の片山です。

    11月29日 今年も忘年会が始まりました。

    片山食品の忘年会は部署毎に行われます。新潟の本社で10位の忘年会があるのでは?

    という事で12月は毎週末はどこかの部署の忘年会に参加しているという事になります。

    0078.JPG

    忘年会始は技術系部門でした。干し沢庵や本漬け白菜で色々と裏方をお願いしました。

    前は女性が半数くらい占めていたのですが、いつの間にか男ばかり。

    来年は参加を見合わせたい感じですね。

    でも、料理はなかなか良かったです。特に、これが好きです。

    0080.JPG

    鱈の白子のポン酢。本当は河豚の白子焼きが欲しいのですが。

    時期的に早いから無理ですね。じゃなくて、高すぎて私の口には入りません。

    一月下旬になると河豚の白子の時期ですよね。来年は食べたいな~。

    鍋に入っていた肝も美味しかったです。多分鱈の肝だとは思うのですが。

    0079.JPG

    鍋の真ん中にちょこんと乗っかっているのが肝です。

    今週は社外の忘年会が1件あって、週末は事務系の忘年会です。

    今日から12月です。お酒の飲みすぎに気を付けて、08年の有終の美を飾りたいと思います。

    コメントはありません