• 226 月

    越後はまだまだ入梅前で過ごし易い気候を楽しんでいる 社長の片山です。

    少し落ち着いて来ましたが、毎週出張が入って飛び回っています。

    今の時期が片山食品にとっては一番大事な時期です。

    中国で四葉胡瓜の漬込みの最盛期をむかえ、ニンニクは収穫が終わって乾燥の時期になりました。

    ニンニクの価格をめぐって農家と村のブローカーと他省からの買い付け業者、地元の加工業者

    が毎日神経戦を繰り返しています。

    今週の頭の市況は昨年より3割以上の高値になっています。

    茄子もそろそろ幹が成長してきて農家と加工業者の腹の探りあいが始っています。

    タイトルの安心・安全と環境保全ですが、片山食品の中国合弁工場の話です。

    0848.JPG 

    この構築物はなんでしょう?

    実は中国でも環境問題が煩くなって来て、特に山東省は農業が主要産物なので

    農民保護に凄く力を入れています。

    で、臨沂片山食品の工場からの排水を直接川に放流してはいけませんとの御達しがありました。

    今までは約2km先の大きな川まで専用の排水溝を作って排水していました。

    工場の周りは畑なので塩害のクレームがあったりしたので対策を打っていました。

    今年の4月に河東区の書記から排水処理施設を作れとの命令があって7月運転を目指して

    突貫工事をしています。

    0849.JPG 

    好気性の爆気層です。無茶苦茶デカイ設備で片山食品の約3倍の規模です。

    市民の権利保護や農民保護と中国の社会は大きく変化しています。

    政治的な部分はさて置いても、経済的な面は変化が激しすぎます。

    「毒ギョーザ事件」をキッカケにしたCIQの輸出用工場の安全管理も少しづつですが

    各工場に根付いてきています。

    今年は3年に1度の免許の更新の年に当たるので、工場の内部の改装工事をしています。

    選別・洗浄室の床が所々壊れて、水溜りが出来ていたので床を張り替えることにしました。

    その他にも各部屋の壁の塗装を塗り直したり、水道管を取り替えたりとクレームに繋がる

    因子を全て除去する作業を6月までにしています。

    平行して空いている部屋でニンニクの選別・洗浄を行っている関係で、

    出荷作業が遅れ気味で日本では原料の補給がタイトな状況です。

    0854.jpg 

    日本では当然の事でしたが、中国でも当然の事になって来ています。

    社会の安定を守る為に各地方政府は労働者の最低賃金を大幅に上げてきました。

    当然農民も不満を抱える事になり、農作物の供給が減り高値安定で農民の懐も膨らみました。

    労働者も農民も懐が膨らんだはずなのに物価の上昇は更にその上を行く為に

    労働者や農民の不満は解消されません。

    食の安心・安全、環境保全、労働者・農民の不満解消、これらのコストは全て需要者に向かうわけで

    中国から供給される全ての物が毎年値上されていくのは当たり前と考えなくてはいけません。

    円高と言う魔法が効いている内は良いのですが、円安に振れるとデフレの日本は資源から食料

    衣料に家電製品など全ての物で買いまける、アジアの敗者になる可能性があります。

    デフレ脱却を切にお願いします。

    コメントはありません
  • 126 月

    今日も会社でブログを書いている 社長の片山です。

    実は5月の中旬に中国の産地を回って来ました。

    今年もニンニクは高騰しそうです、茄子も胡瓜も二桁アップは間違いありません。

    原料産地の中国が不安定な状況の中、今アジアで一番熱い国はミャンマーだと思います。

    去年の10月まではラオスに最大の興味があったのですが、今はミャンマーです。

    去年11月以降のミャンマー情勢は漬物原料産地に大きなインパクトを与えました。

    そんな訳で一週間に2回もミャンマーの講演を聞いてしまいました。

    この状況の根本原因は中国の農業問題の厳しさです。

    元高を押さえる為に人民元を大量に発行し米ドルを市場から回収します。

    当然必要以上の人民元が市場に供給されインフレを起こします。

    この資金が投機資金として商品の現物の囲い込みに使われます。

    当然、商品価格は高騰しインフレを起こし、市民の反感を買います。

    市民の反感を抑えるために政府は賃金の上昇を図ります。

    そうすると農民は都市住民との格差を訴え政府に反発します。

    政府は農民の意向に合わせて農作物を高値に誘導します。

    80後が労働市場の主力になりつつある現在は賃金に対しての意識が高く

    情報も氾濫しているので、労働力の売り手市場です。

    ニンニクが白いダイヤになる理由はもっと色々有るのですが

    今日は時間が無いので、ほんの触りだけ。

     0846.JPG 

    片山のニンニクになる丸形の小粒ニンニクです。

    5月の下旬の収穫を前にした畑の視察の様子です。

    08451.JPG 

    今日位から本格的な収穫が始り、3週間くらい乾燥させて市場に出回ります。

    現在の早物(乾燥していない)の価格は昨年比で5割位高騰しています。

    これから下がる事を願います。

    コメントはありません
  • 0312 月

    クレームに苦慮している 社長の片山です。

    どんなクレームかと言うと「にんにく屋のおやじなのにニンニクの話が書いてない」だそうです。

    確かに過去記事を見たら今年はニンニクの記事が少ないです。

    昨年は「白いダイヤ」だったもんでブログにバンバン書いたしテレビにも出たし

    にんにく屋のおやじとしての仕事が多かったです。

    今年は中茄子が無かったり、トキワ胡瓜が約2倍に上がったりと他の原料の方が

    気懸かりでニンニクへの注意が少なかったと反省しました。

    0732.JPG 

    今年も9月に臨沂と天津の工場へニンニクの漬上りを確認に行って来ました。

    工場のタンクがニンニクで埋まっている光景を2年ぶりに見て感激をしました。

    昨年は高い生ニンニクを買う事が出来ず、タンクは7割弱しか埋められなかったので

    本当に苦しかったのですが、この光景を見たら嬉しくなりました。

    0731.JPG 

    このタンク1本にニンニクが20トン入っています。

    皮を剥いて選別をして20トンを漬け込む、凄い手間をかけて「白いダイヤ」に磨き上げます。

    3回のタンクの入れ替えをしてニンニクの中の澱粉と塩を入れ替えて漬け上がります。

    今年のニンニクは色・形・サイズのどれをとっても近年にない良い出来上がりです。

    最高の原料を日本の片山食品が最高の製品に仕上げる。

    今、全国の売場に並んでいる片山のニンニクは今年のニンニクに切り替わりました。

    どうぞ最高のニンニクを楽しんでください。

    コメントはありません
  • 3011 月

    最長不倒記録を作ってしまった怠け者の 社長の片山です。

    会議や出張など忙しかった事は事実ですが一ヶ月もブログをほったらかしにするとは!

    記事は有るのですが気力が無い。

    気合が足りませんね。

    明日からは師走です、私も更に忙しくなるので今日からブログも気合を入れて更新します。

    11月の第2週に原料の品質会議を本社工場で開きました。

    0771.JPG

    天津と臨沂の董事長が来日して片山食品の製造部と品質や問題の共有化を図る大事な会議です。

    毎年4月に中国で数量や品質の会議を開いて目標の共有化をしていますが、その結果報告と

    新物の品質や問題点を改善する為に秋にも会議を開くようにしています。

    中国のタンクの中や発送する前の梱包状態では問題無い物が日本に到着すると問題が発生している。

    こんな事が起きるとお互いの信頼が崩れて行きます。

    なので中国の公司の董次長に見に来てもらうことは大きな意味があります。

    0767.JPG

    事前に問題提起されていた事を、各原料の箱を開けて確認して行きます。

    今年はニンニクが豊作だった事もあって品質も良く、選別も素晴らしいので光っていました。

    文句の無い最高の品質のニンニク原料です。

    流石は中国一のニンニク塩漬工場の作品です。

    ニンニク日本一の片山食品が使うのに相応しい最高の品質のニンニクでした。

    董事長も鼻高々で鼻歌が出そうな雰囲気でした。

    0769.JPG

    片山のニンニクファンの皆様、どうぞご覧下さい。

    最高品質の塩漬けニンニクです。

    臭い、色、粒の形、粒揃い、どれをとっても他社に負けない最高の原料です。

    この原料を使って作るのですから片山のニンニクが日本一になるのは当たり前です。

    今回は自慢話になってしまいましたが、中国の2工場の皆さんの努力が最高のニンニク作品を

    日本の消費者の皆様にお届けできる根源です。

    一粒一粒丹精込めて作り上げた白いダイヤニンニクを今年も宜しくお願いいたします。

    0770.JPG  0772.JPG  0768.JPG  

    コメントはありません
  • 2410 月

    ちょっと体が熱くて、鼻水が止まらなくて体がダルイ 社長の片山です。

    世の中一般の方はこんな調子の時を風邪をひいたと言うのだと思います。

    しかしにんにく屋はニンニクの健康パワーを皆様にお届けしています。

    にんにく屋は間違っても風邪をひく事はありません。

    こんな時はハードワークで無理をしすぎたと言います。

    0733.JPG

    9月に中国に原料の確認で行って来ました。

    ここ何年は社長の片山の行いが良いのか、スケジュールの立て方が良いのか?

    移動でのトラブルの発生がありません。

    台風で飛行機が欠航したり、黄砂で空港が閉鎖されたり色々なことを経験しましたが

    この所は高速道路で事故渋滞で到着が大幅に遅れた位でした。

    しかし今回の出張では大事件が発生しました。

    とは言っても何とかなるのが中国ですが。

    午前中に臨沂から飛行機で北京に移動して遼寧省に高速鉄道で移動する計画でした。

    お昼前に北京駅に到着して雑踏と化した切符売場で目的の方面行きの窓口に並びます。

    13時過ぎの列車に乗るつもりでしたが全席売り切れでチケットを確保できませんでした。

    それどころか1時間に1本の割合で走っている高速列車は当日は全て売切れになっていました。

    社長の片山の目的駅は2時間に1本の割合ですが当然チケットはありません。

    高速バスでの移動や飛行機での移動など色々と検討して、関係箇所に電話をして見ましたが

    全く可能性が見出せません。

    北京駅の前の広場で出稼ぎ工と同じ様に盲流となっていました。

    この2日間で遼寧の工場で検品して価格商談を済ませ、天津に入らなければいけないのですが

    スケジュール自体の変更も必要な状況に追い込まれましたが、相手もあることで簡単に事が運びません。

    1時間位色々と試みた時に変な中年女性が近づいてきて欲しいチケットを聞いてきます。

    行き先を告げると正規料金の5倍位の金額で吹っかけてきます。

    こちらは3人なので何枚あるか聞くと2枚しかないとの事で交渉不成立。

    そのやり取りを聞いていた他のダフ屋が寄って来て約2倍の料金でチケットを3枚ゲット。

    予定より2時間遅れですが何とか列車に乗れる事になり、遅い昼食を取り時間を潰します。

    0734.JPG

    食事の後は専用の待合室で改札が開くのを待って、やっとホームに向かいます。

    中国の長距離列車のチケットはダフ屋対策で今年から中国人の場合は名前が記入されますし

    外国人の場合はパスポートナンバーが記入されます。

    当然社長の片山のチケットには何も記入されていません。

    偽造チケットも大量に出回っているとの話もあり席について座っていても安心は出来ません。

    列車が北京駅を出発して車内が落ち着くまでは不安で堪りませんでした。

    そんなこんなで漸く安心して眠りに就いたのですが、またまた事件発生。

    停車駅の車内放送があったのですが社長の片山の目的駅の名前がありません。

    ダフ屋から買ったチケットは方面は問題なかったのですが停車駅に問題がありました。

    ここまで色々やってきたので、これ位のことはすぐに解決できる気力があります。

    すぐに相手先公司に連絡を取り目的駅に一番近い駅に迎えを依頼し終了。

    100km手前の駅で降車して車で高速を飛ばして予定より約4時間遅れで公司の会長と

    の会食場所に直行しました。

    この日の仕事は出来ませんでしたが久しぶりに中国出張の緊張感を味わいました。

    ダフ屋が買い占めるのでチケットを入手できないのですが、ダフ屋がいるから何とか

    移動する事が出来た。

    やっぱり中国は凄いところです。

    コメントはありません
  • 138 月

    お盆前に気合を入れて記事アップを狙う 社長の片山です。

    0637.JPG 

    羊の肉のしゃぶしゃぶです。

    社長の片山の大好物です。

    何で好きかと言うと、中華料理は大人数で食べるように出来ています。

    特に華北地方は皿が大きくて大量に盛り付けます。

    中国人は最低でも人数分より多い皿数を注文します。

    いつも5人くらいで食事をするので大量に余ってしまいます。

    その点火鍋は一皿のボリュームが少ないので少人数でも余す事無く食事が出来ます。

    多い時は一週間の出張で火鍋を3回くらい食べたことがあります。

    写真には写っていませんが白菜やほうれん草、大根など日本の鍋物野菜と同じものを

    大量に食べますし、脂を使わないので胃にやさしいです。

    社長の片山が必ず頼む素材は、香草・きくらげ・豆苗と黒と白のセンマイです。

    写真の右下に写っているのが黒センマイです。

      04051.JPG 

    こっちの写真の方が分かりやすいですね。

    鍋は各自に小鍋がセットされます。凄い事にテーブルの各自の前に電磁プレートが嵌め込まれています。

    社長の片山は辛い物が大好きなので、辣塊を鍋のスープに溶いて辛さをアップします。

      0635.JPG   0636.JPG  

    左がシャブシャブ鍋で右がつけダレです。鍋の左上の赤い物が辣塊です。

    辣塊は唐辛子や花山椒などの香辛料をラードで纏めて固めたものです。 辛くて痺れます。

    タレは醤油ベースに練りゴマや海老みそ、ニンニクなどを加えて自分で調整します。

    因みに、臨沂片山食品の林総経理はつけダレにおろしニンニクに香味油を入れた特製ダレを使います。

    日本ではマトンもラムも殆ど食べないのですが(札幌出張時にジンギスカンは食べます)

    火鍋の羊肉(ヤンロウ)は大好物です。

      0634.JPG

    暑い夏に麻辣の火鍋でタップリ汗を流し、キンキンに冷えたビールで水分補給。

    精神的に追い込まれる事が多い中国出張の最高の息抜きです。

    コメントはありません
  • 128 月

    気合が乗らないまま惰性でサボってしまった 社長の片山です。

    ブログの記事になるような行動や変化はいっぱい有るのですが、気持ちが乗らず

    文章が出てきません。言葉が浮かばないスランプです。

    今日の記事も1ヶ月以上前の中国出張時の話題なので旬を外してしまいました。

    0692.JPG

    河北省で試験的に今年から茄子の栽培を始めました。

    茄子の栽培経験の無い土地で初めての農家が管理しているので問題だらけです。

    株間が狭いので収穫が大変になりそうです。

    水の問題はこの地域全ての問題なのでしょうがないのですが、雑草を取ったり、添木を立てて

    枝を誘引したり、剪定したりの作業の指導が上手く行きません。

      0693.JPG 

    もう少し愛情を持って、手を掛けてあげると収穫も増えるのですが、今年は失敗すると思います。

    この近く(河北省)でトキワ胡瓜の栽培もテストしました。

    浙江省や天津で栽培して来ましたが農家の人たちは加工用の胡瓜を作ってくれなくなりました。

    生食用の高く売れる胡瓜が主体になり、漬物工場に納めてくれなくなりました。

    中国経済が発展する過程で日本でも台湾でも経験してきた農家の変化がここ3年程顕著に現れだしました。

    デフレで製品価格が下落している日本がインフレで全ての物が値上がりしている中国で原料を調達する。

    厳しい現実が目の前に横たわっています。

    難しい話は別としてトキワ胡瓜でも経験値の差は歴然で天津の畑は良く出来ていました。

      0695.JPG  

    株間、畝の立て方、添木の立て方や蔓の這わせ方など大人と子供の差があります。

    でも、新産地を探し、育てて行かなければ原料を確保することが出来ません。

    片山食品の胡瓜製品を待っているファンの皆様に最高の胡瓜を届ける為にも妥協せずに

    良い胡瓜を作れる環境を日中で協力して作って行きたいと思います。

    今年の中国の原料状況は人件費の大幅アップで、全ての品種で値上げになっています。

    トキワ胡瓜以外は量的には足りているので価格だけの問題です。

    ニンニクは生原料は大幅に値下がりしましたが、製造経費が上がったので一昨年から見ると

    まだまだ高い水準にあります。

    四葉胡瓜は値上げになりますがトキワ胡瓜ほどでは無いので少し心が休まります。

      0697.JPG  0696.JPG  

    どちらにしても9月にならないと今年の原料の詳細は分かりません。

    今年からはじめた胡瓜と茄子の新産地開拓は来年以降も続いていきます。

    コメントはありません
  • 217 月

    スーパークールビズで相当だらしない格好の 社長の片山です。

    スーパークールビズのスタイルは中国の産地を回っている時の格好に近いです。

    て言うか、そのもの様な気がします。ってことは中国ではだらしない格好をしていると言うことです。

    片山のニンニクファンに贈る、今年の片山のニンニクの産地情報です。

      0685.JPG

    山東省臨沂市蒼山県のニンニク畑は全く活気がありません。

    収穫が終わっても農家の人たちの顔色は曇ったままです。

    春先の旱魃で2割位の立ち枯れが出たので収量が落ちた人もいますが、大多数は増反したので大幅な増収に

    なっています。

    しかし去年は春先から来ていた地方のブローカーや投資家が一切姿を現しません。

    海外向けのブローカーも来ません。

    去年は元気の良かった農家のオヤジ達も無口になり、俯き加減です。

      0687.JPG  

    毎年 臨沂片山食品にニンニクを納めてくれるこのオヤジさんも社長の片山の顔を見て安堵の表情を

    浮かべていました。(相当不安な状況でしょう)

    実はこのオヤジさんは昨秋のNHKの取材の際もインタビューに答えていて(放映はされなかったけど)

    今年の価格が大幅に下がる事を一番心配していた人でした。

    品質の面でも、今年は春先が寒かった影響で玉の成長が悪く小粒が多くなりました。

    ニンニクの漬物は小粒を使うので片山食品にとっては良い事だらけです。

      0686.JPG  

    しかし、良い事ばかりではありません。

    生ニンニクの価格は大幅に下がりましたが、人件費が大幅に上がりました。

    ニンニクの玉を割って、皮を剥き、サイズを合わせる作業は全て人の手です。

    この人件費が倍増に近いアップです。

    漬込み期間は臨時雇いのアルバイトを大量に動員するのですが今年は日給を

    大幅にアップしても全く集まりません。

    高度成長が続く中国では全てのものが値上がりしています。

    ハッキリと片山食品の買入価格が決まったわけではありませんが、昨年よりは安くなりますが

    一昨年に戻るところまでは行きません。

    もう少し価格がハッキリしたら日本のニンニク製品の値下げ情報を出したいと思います。

    値下げはしますから、片山のニンニクファンの皆様ご心配なく。

    白いダイヤ から 真珠くらいにはなる予定です。

    コメントはありません
  • 286 月

    月末になり溜まった記事を必死にアップしようと頑張っている 社長の片山です。

    実は今年に入ってから人知れず専用工場を建設していました。

      0691.JPG 

    昨年のニンニク原料の高騰の反省を含めて、ニンニク原料の安定確保の為に

    片山食品のニンニク専用を増設しました。

    天津の静海県に1,000t規模のタンクがあり、臨沂市は2,000tまで増産が可能な

    タンクを備えています。

    その他にも河北省の永年県に600t規模のニンニクの一次加工場があるので

    備えは十分のはずでした。

    しかし、生原料の高騰の為に安定供給が出来ませんでした。

    今年作った工場はニンニクを500t規模で生産できるように設計しました。

      0689.JPG  

    ニンニク漬物日本一からオンリーワン企業を目指して更なるインフラ整備を進めて行きたいと思います。

    と言うのは夢の話で、そんなに生産が伸びている訳でもないの原料タンクは必要ないのですが

    産地の分散や労働者の確保などを含めて新たな工場立地を探している所です。

    人件費が安くて労働者が多く、原料が豊富で品質が良い地域があればいつでも進出する事を

    考えないとこれからの中国での原料生産は厳しくなるので、こんな秘密工場の夢を見るのでしょう。

    それはともかく、今年の生ニンニクの収穫状況は豊作で価格も大幅に下がる予定です。

    まだ原料加工が始っていないので詳細は記載できませんが、原料の大幅ダウン以外は

    人件費と燃料の石炭の大幅アップ、岩塩のアップなど厳しい面もありますがトータルでは

    値下げできる状況です。

    新物は11月くらいから使用する予定ですが、その前には新価格に値下げする方向で進めています。

    片山のニンニクファンの皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。

    8月にはファンの皆様に値上げを認めて頂いた感謝を込めて、値上げ後初めての特売を全国で

    打つ予定にしております。

    白いダイヤがやっと手が届くところまで下がって来ましたので。

    その節は美味しい片山のニンニクを十分お楽しみ下さい。

    コメントはありません
  • 214 月

    0629.JPG

    怪我の後遺症で2kgのウェートオーバーから戻れない 社長の片山です。

    一ヶ月近くも喰っちゃ寝、喰っちゃ寝の生活をしたおかげでただのデブがもっとデブになってしまいました。

    この所リハビリを兼ねて歩くようにしているのですが、中国ではこんな事になっていました。

    臨沂片山食品の林総経理は私が行くと必ずこれを用意してくれます。

    内卵と味噌だけで一日分のカロリーオーバー状態だと思います。

    確か一杯で600gか800g位の重さだったように記憶しています。

    甲羅の裏にもタップリ卵が詰まっていて、箸でほじくり出すのも大変でした。

    爪の先まで身がタップリ詰まっていてお腹が一杯になってしまいました。

    中国では毎年食べていますが、今までで一番大きくて重くて美味しかったような気がします。

    こんなに大きな渡り蟹を日本では見たことがありません。

     0630.JPG

    林総経理、何時も何時も有難うございます。

    あなたのおかげで私の尿酸値は上がっていると思います。

    プリン体と尿酸値は中国出張には付き物です。

    普段から健康を意識して、確りとした身体を作ってから中国に行きましょう。

    臨沂市のトップクラスの餐庁で頂く最高の海鮮は林総経理からの最高のおもてなしです。

    実は今回もこれを食べたのですが、全く記憶がありません。

    物凄く美味しかったように思うのですが、定かではありません。

    いっぱい食べたような気もするのですが、これも定かではありません。

    全てメスで卵を抱いていたのは覚えていますが。

      0628.JPG 

    次回は何が出てくるでしょう?

    お楽しみ!

    コメントはありません

« Previous Entries